ORCΛとAbleton LiveをIACドライバ経由で連携させる

概要

今回は、ライブコーディング環境であるORCΛとAbleton LiveをIACドライバで連携させてみようと思います。ORCΛのダウンロードから始め、簡単な動作確認まで行います。

ORCΛは単体では音を鳴らせず、PilotというORCΛ用シンセサイザーなどと連携させて音を生成します。Pilotも無料で使用でき、音質も素晴らしいのですが、音色の数が限られています。

そこで、Ableton Liveと連携すれば、数多くの音色やエフェクトが使用できるので、表現の幅がより広がります。

両者を連携させてみた動画をYouTubeにあげているので、見てもらえればイメージが掴めるかと思います。

Testing ORCΛ + Ableton Live

環境

  • ORCΛ
  • Ableton Live 10
  • macOS Big Sur

ORCΛの導入

ORCΛは無料で入手することができます。以下のリンク先からダウンロードします。

Download Orca by Rekka & Devine

アクセスするとこのように表示され、寄付するかどうか尋ねられますが、No thanksをクリックして先に進みます。

各自使用しているPCのOSに対応したzipファイルをダウンロードします。

ダウンロード後は、zipファイルを解凍し、フォルダ内のOrca.appをクリックし、起動できるかどうか確認します。

このような画面が表示されれば、無事にダウンロードは完了しています。

IACドライバの設定

IACドライバを使用すると、PC内のアプリケーション間でMIDI通信を行うことができます。今回の場合だと、ORCΛで作成した様々なパターンの信号が、IACドライバ経由でAbleton Liveへと伝わることになります。

それではORCΛとAbleton Liveが連携できるように、IACドライバの設定をしていきます。

Spotlight検索などでAudio MIDI設定を探して開きます。

オーディオ装置画面が開くと思うので、上の画像のようにウィンドウメニューからMIDIスタジオを表示させます。

MIDIスタジオ画面が開いたら、IACドライバをクリックし、装置はオンラインにチェックします。また、ポートが設定されていることを確認します。

Ableton Liveの設定

あとはAbleton Live側でIACドライバ経由でMIDI通信が行われるように設定します。⌘ + , ショートカットキーを使用するなどで、環境設定画面を開きます。

すると、MIDI Ports欄にIACドライバのエントリがあると思います。これが先ほど設定したIACドライバです。

以下のAbleton公式のドキュメントを参考にしながら、必要な設定をオンにしていきます。ここでは、InputのIACドライバのトラックのみをオンに設定しています。

MIDIポート(MIDI Ports)の機能紹介 – Ableton

詳細の説明はこのドキュメント内に書かれていますが、ORCΛは単体で音を出力できないため、Outputはまず無視して大丈夫です。Inputは最低限トラックをオンにしないとORCΛから信号を受け取れないので注意です。

動作確認

最後に連携ができているかどうか、実際にORCΛで簡単なパターンを作成して動作確認を行います。

まず、ORCΛを起動させ、画面下に「IACドライバ」と表示されていることを確認します。

もしNo Output Deviceと表示されていたら、⌘ + . ショートカットキーを使用して、アウトプットデバイスを切り替えます。

次に以下のような簡単なパターンを作成します。

MIDI通信を行うときは、:オペレータを使用し、次に続く5つの入力は、チャンネル数、オクターブ、音階、音量、音の長さを意味します。

次にAbleton Live上の適当なMIDIトラックに、適当なMIDI音源を追加します。ここではドラムキットを追加しています。

次に、MIDIトラック内のMIDI FromをIACドライバ、チャンネルを1に設定します。

先ほどORCΛでチャンネルを0に設定していましたが、Abletonではチャンネル1を意味します。

以上適切に設定が行われれば、ORCΛとAbleton Liveが連携し、音が出力されるはずです。

最後に

今回はIACドライバによるORCΛとAbleton Liveの連携を行いました。これで数多くの音色を奏でることができるようになり、より楽しくライブコーディングができるようになったのではないかと思います。

まだORCΛは使いこなせておらず、初心者レベルですが、地道に色々なオペレータを使いこなせるよう試行錯誤していきます。

Comments

Copied title and URL